ホームへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

面白い漫画を描くためのリアリティのある世界観の作り方 はてなブックマーク - 面白い漫画を描くためのリアリティのある世界観の作り方



4088793285


1
スペースNo.な-742010/01/09(土) 04:20:00

世界観とは…………

………何でしょう?

創作には書かせない世界観作り。
みなさんの世界観作りに関する知識、考えをお聞かせください。
世界観作りに役立つ資料、作品等の話題も歓迎です。
世界とは?設定とは?雰囲気とは?デザインとは?etcetc…




2スペースNo.な-742010/01/09(土) 13:15:09

現実と似たような物にする事。
例えばファンタジー物なら、現実の中性ヨーロッパで起きた事件をストーリーに取り入れてみたり(ベルセルク、FFT)
そうする事で架空世界にもリアリティが出る。
逆に、余りに現実からかけ離れすぎてると、どんなによく作り込まれた世界であろうと現実感は出ないと思う。



7スペースNo.な-742010/01/09(土) 22:15:41

世界観で評価されてるといえば攻殻機動隊じゃないの?
漫画でああいうことできる人は少ないと思うね
俺もできないし、できる人は本当にトップクリエイターの才能あると思うなあ

攻殻機動隊



14スペースNo.な-742010/01/21(木) 22:30:09

ネットや書籍で参考探すとパクリとまではいかないけど罪悪感が出てしまって
作品作りが弱気になるんだよな
ゼロから生み出す力があればいいんだが



16スペースNo.な-742010/01/23(土) 18:37:54

SFが一番大変。
メカのデザインって物凄く専門知識がいる。



17スペースNo.な-742010/01/23(土) 19:01:23

SFはかなり寛大だと思うが・・・
メカデザインにどんな専門知識がいるわけ?
専門知識が生かされた成功例と、専門知識がないために失敗した例を出してみて。
実例を見れば納得できるかも。



24スペースNo.な-742010/01/25(月) 06:55:29

手塚先生の世界はミクロとマクロしっかり使い分けていて本当に尊敬する
自分も参考書籍は絶対、奥付に載せているな 写真集とかも



27スペースNo.な-742010/01/29(金) 10:58:11

荒唐無稽な話を成立させるには、歴史自体を現実とは違う物にしてしまうのも手なのかね。
犬狼しかり、刀語しかり…。
そうする事で客に現実と比べる事をやめさせ、荒唐無稽な話にもリアリティを持たせる事が出来るのか。

4056070563  4062836114



32スペースNo.な-742010/02/07(日) 16:38:11

そういえばファンタジー書こうと思ってTRPGの世界観紹介本集めてみたけど
書き始めてる小説の設定があまりにもいい加減だったので
最終的に作り上げた世界観との辻褄合わせに苦労したw

でも、いざ世界観、と思うと本当に細かいところまで作らなきゃいけないので
勢いで書き始めて、書きたい物語に合わせた世界を後追いで作っていく、
っていう方式もいけると思う。
確かにSFなんかは専門知識があれば強いけど、
無知だからこそのイマジネーションの飛躍もあるはず。



33スペースNo.な-742010/02/08(月) 20:17:41

なるほど



34スペースNo.な-742010/02/10(水) 05:51:55

歴史物でも重厚だなーと感じるのは、様々なサイドの人間が描かれる物で、
一握りの人間しか描かれない物は、どれだけ事の規模が大きくてもスケール感は感じ無い(それが悪いとは言わないが)

だからスケール感のある話を描くには、設定を作り込んで、今どこで何が起きてるのか、何でそういう事が起こるのかを常に把握しながら描くのが重要だと思う。

最近の作品だとガンダム00はそこら辺上手かった。
色々なサイドの人間が複雑に絡み合ってる。

ガンダム



37スペースNo.な-742010/02/12(金) 17:17:41

いろんな視点から書いてるというと
三国志とか銀英とか思いつくな
銀英は見たことないんだけど、友達に見せてもらった登場人物一覧、
キャラが多くてくらくらした
よくあれだけ考え出すなと思う



47スペースNo.な-742010/02/21(日) 01:46:31

世界観の設定ってかなり重要だよな
世界観は何が描かれるかに直結するし、描かれた絵は作品の売り上げに関わってくる。

あんまり言いたくないが小国の歴史モノはその国の人しか読まないだろう



48スペースNo.な-742010/02/22(月) 16:55:25

確かにあんまり興味を引く題材じゃないだろうけど、面白ければ売れるんじゃない?



50スペースNo.な-742010/02/24(水) 09:09:17

バトル物の場合、いかに作中の人物に近代兵器が通用しない様にするか、また近代兵器が出てこない設定を作るかが肝心な気がする。



55スペースNo.な-742010/03/15(月) 00:36:01

恋愛要素やそれっぽい要素は天ぷらの繋ぎの卵。
もちろんそこだけを面白がる人もいるんだろうけど、
人と人とを沢山の矢印で繋がらせることで、位置関係が掴みやすくなる。
別に色ボケへの媚びではない
(色ボケだったら、少コミみたいな話を描くはず)。



58スペースNo.な-742010/03/15(月) 12:04:31

架空世界の人間でも現実の人間と同じ様な考えや習慣を持ってると親近感が湧く。



61スペースNo.な-742010/03/15(月) 23:02:09

>>58
寿命数千年のエルフでも、
「エルフの○年は人間の一年に相当」
という設定を付ければ、あら不思議。



59スペースNo.な-742010/03/15(月) 15:55:04

その世界における「宗教」がどんなものなのかはっきりさせると
世界観に厚みが出る様な気がする。
理不尽なストーリーの流れも「宗教」で片付けられるし
国同士の諍いも「宗教上の戦い」などと理由づけられる。

ある程度きっちり作っておかないと逆に薄っぺらくなってしまう上
実際の宗教をモデルにしてしまうと扱いが非常に難しくなってしまうという
諸刃の剣ではあるけれど。



80スペースNo.な-742010/03/21(日) 03:58:43

どんな作品でもつっこめば必ずボロが出るし、
そういう事して喜ぶような人間は観客の中でもごく一部だから気にしなくて良いよ。

多くの観客がお約束として受け入れてしまってる作品の不自然な点(何故人型なのか?何故一々技の名を叫ぶのか?等々)に、
どうしたらリアリティを持たせられるか考えるのは良い事だと思うけどね。



106スペースNo.な-742010/05/09(日) 18:26:17

やっぱり重要なのは知識かね
イマジネーションも知識あってのもんだしなー



107スペースNo.な-742010/05/11(火) 06:00:42

今はネットがあるぜ!



108スペースNo.な-742010/05/11(火) 11:03:03

>>107
パソコンとネットのおかげで、作家が逆にどれだけ泥沼にハマっていったか…
それまでノートと電卓だったのがパソコンを使用することで計算速度が上がったけど、そのせいでこれまでの自分の仕事が手抜きと感じで更に計算量を増やし、それまで書いたものを最初から見直さなくならなくなったベテラン作家。
ネットによりアレクサンドリア図書館を手に入れたと感動したものの、正確な情報を求めるとさらに深みに潜り込む必要の出てきた作家。
実際に会話をしたプロの作家さんは、パソコンとネットのおかげで更なる泥沼にハマっていったと証言していた。

でも、やっぱり一番面白いのは現場にいる人や実物を取材する事だそうで、それで作品のアイディアを作ったりしたと。
自分も、偶然見つけた博物館ネタにガイド本書いたけど、ネット上に上がっている資料と取材時の実物とでいろいろと違いがあるので、書いているときは悩みながらも面白かったし。




109スペースNo.な-742010/05/15(土) 07:27:51

ああ、キャラのモデルは欲しいなー。



111スペースNo.な-742010/05/27(木) 17:21:54

見慣れた世界でも視点や描き方を工夫すればまるで異世界になる。
ガンバの冒険、鉄コン等々…。



120スペースNo.な-742010/07/13(火) 21:27:43

最近読んだファンタジーものだと、タビと道づれって漫画が雰囲気出てたな
大家だけど萩尾望都とか星野架名とかも独特のファンタジーな世界観を作ってる
オリジナリティーを感じる和製ファンタジーだと女性作家のがうまいイメージ


486127379X



133スペースNo.な-742010/08/06(金) 11:30:39

世界観を作るのに歴史書ほど役に立つ物はないわ



134スペースNo.な-742010/08/09(月) 14:46:13

西洋を描くにしても史記とかそのへんのは役に立つだろうね。兵法とか。
よくある漫画みたいに超人が宙に浮いたりして技出してるのよりも
軍の陣形をなんたらかんたらとか要塞を建設したりとか
頭使ってなるほどと思えるような戦い方の方がおもしろいんじゃないかな。
バトル物ならね。

理科ができるなら使わない手はないよ。
例えば映画版コナン5作目。
爆発の迫るツインタワーの1室に少年探偵団と車が取り残されている状態。
それで灰原が隣のタワーへ無事着地するために必要な車の初速度を計算してたんだけど、
物理とか全然知らなかった私は純粋に灰原スゲーと思った。

現代モノじゃなくても、魔法が当たり前の世界に物理や化学を持ち込んでみたらきっと新鮮。
何にせよ、作者が知識をひけらかしているように見えないためのフォローは必要かも。



136スペースNo.な-742010/08/10(火) 17:39:04

最近やったゲームだとゼノブレイドってゲームの世界観が新しいなと思った
二柱の凄くでかい神様の死体の上に広がる世界みたいな感じなんだが
広い大陸みたいなのかなと思ったらそのまま神様の死体だから、高いところに立つともう一つの神様が見えたりして楽しい

B003I4EBBO



137スペースNo.な-742010/08/10(火) 17:40:18

新しいというか、それはむしろ古いというか
リアル神話ではごくごく一般的な設定だぞ
まあ死体は見えないだろうけどw



138スペースNo.な-742010/08/10(火) 20:00:36

いや何というか確かに文字だけだとありがちではあるんだが
横に広がる世界じゃなくて縦に広がる世界だから、世界観というよりかその世界観の見せ方が新しいと思った
とりあえず自分じゃ説明しずらいから公式とかでPV見たらわかると思う





141スペースNo.な-742010/08/14(土) 14:53:17

確かに神様とか巨人の死体が大地にというのはよくある話なんだが、
ゼノブレイドは向かい合ったまま立ち往生した神様の上で生活してるのが新鮮だった
膝上にある街の辺りから、ふくらはぎの上の街が見えるとか
神様の脇腹に刺さった大剣を渡って、もう一つの神様の方へ行くとか




140スペースNo.な-742010/08/11(水) 09:37:25

昔、TRGP関連の本で、実際の地図を逆さまにしたりして利用すると
地形的に矛盾が出ないという話を読んで、なるほどーと感心したな
ファンタジー世界ならともかく、現実世界が舞台だと川や山の配置に悩むからな




145スペースNo.な-742010/08/21(土) 03:30:00

>>140
大昔の大陸が繋がってた頃の地図とか参考になりそうだね



165スペースNo.な-742010/09/15(水) 00:03:52

ファンタジーかいてると気にしたらきりがないことがいろいろ出てくるからなあ
旅してても「この街道は昔の大国のなごりで…」とか考えたり(話にまったく関係ないから作中描写は無いけど)
トイレはどういう仕組みだろうとか、そもそも水道がないだろうかとか(さりげなく井戸描いてみたり)
物流とか為替とかはどうなってんだろうとか

でもそういう作中設定って中途半端に触れると気になるけど
全く描写しなければむしろスルーできるという。



166スペースNo.な-742010/09/15(水) 00:14:47

>>165
ああ、それ凄く気になる(トイレ物流為替)

あと、馬車や徒歩での移動にかかる時間が気になって仕方がない。



168スペースNo.な-742010/09/15(水) 08:56:21

むかし、RPGもののマンガで
なんで一日歩くと都合よく町があるのか不思議だったが、
大人になってそれが当然なのだとわかった。

昔は商品を流通させるにも、保存が利かないので一日で行き来できる範囲で物を売った。
したがって、市がたつ市街地は一日で行ける行程の範囲内にできる。
交通網や保存法が未完成であればあるほどこの傾向は強くなり、市場は小さくなる。
そういう研究があるんだと。

専門書中の引用なので、詳しいことは分からなかったが、一日歩けば町があるというのは
別段おかしいことではないようだ。ひるがえせば、一日歩いても人里に着かない
地域に行くのは、旅行者にとって野宿を要する冒険となるわけだな。



171スペースNo.な-742010/09/15(水) 10:00:10

その歩いていける都市については、中学の授業でやったなあ
エジプトに限らずヨーロッパアジア
日本でも物物交換時の輸送距離とかあるし
海幸彦と山幸彦の話なんか、山と海の距離が近い日本の地形を表してる話だとか何とか



175スペースNo.な-742010/09/15(水) 15:10:55

なにこの流れ凄く面白い。



176スペースNo.な-742010/09/15(水) 17:43:06

日本の街道だって、街道沿いに宿場町がちょぼちょぼできたりするもんね
で、その間隔が地形の関係上微妙なところだと「今からなら次の宿場町に間に合う」とか
「次には間に合わない、この町で泊まっていくべえ」とかいう会話が時代劇にたまにあるよね



231スペースNo.な-742010/10/09(土) 19:13:08

崩壊後の世界ってのはSFとファンタジーや西部劇を共存させやすい。
ナウシカ、D、∀などなど…。
人知を越えた化け物(前時代の遺物)を登場させやすいってのもあるけど。




232スペースNo.な-742010/10/09(土) 20:06:57

崩壊後の世界ってそれ自体がなんか人を引き付けるんだよ
タナトスを刺激する



233スペースNo.な-742010/10/09(土) 20:14:26

一度崩壊したあとの世界で
しかも住んでるのは作られたヒトモドキとか超ときめく



234スペースNo.な-742010/10/09(土) 21:06:40

マトリックスとかコブラとかトータルリコールとか
実は違う世界でしたみたいのは定番だけど飽きられない

B003EVW55A 4840113203 トータル・リコール



446スペースNo.な-742011/05/09(月) 08:21:53.30

日本のファンタジーって崩壊後の世界って設定が多いよね
日本人にとってはそういう設定の方が感情移入しやすいのか




447スペースNo.な-742011/05/09(月) 10:44:25.78

崩壊前だと現代の延長かきっちり歴史を作らなきゃならなくなるが
前者はつまらなくて後者は難しいからだろ
崩壊後じゃない歴史にはイヴァリースなんかがあるが
感心されるのは、そういうのを作れる人が少ないからだ



448スペースNo.な-742011/05/09(月) 12:27:43.44

科学(SF)にしか見えない魔法をガジェットとして配置しやすいからじゃないのか。
設定的には単に超文明=魔法にしか見えない科学って扱いになるけど。



756スペースNo.な-742011/08/24(水) 03:04:14.25

高度な文明が滅びた後の世界、って使い勝手がいいんだよね
適当なロストテクノロジーとか出せるし
「古代の文明の名残だ」で説明完了できるし
その昔の技術を巡ってどうとかこうとかいうストーリーも作りやすい
ハイテクすぎると色んな制約がなくなって困るけど、「滅びた文明」という限定をつけることによって濫用が避けられる
ロマンを感じる中世風でありながらそこそこ現代要素も取り入れられて描写しやすいし
「古代の遺跡」みたいなのは絵的にも映える
まさにいいことずくめ

使われすぎて手垢が付きまくったのが難点。



369スペースNo.な-742010/12/04(土) 05:28:51

ファンタジーの世界観設定考えるの難しすぎわろた
中高生ぐらいの時にもっとそういう本読んでおけば良かった




370スペースNo.な-742010/12/05(日) 13:28:17

別にこだわらなきゃ適当にドラクエしてりゃいいが
あんまり適当だと王様がいないのに爵位名乗ってたりするからな
オメーその爵位は誰からもろたんじゃと



380スペースNo.な-742010/12/12(日) 13:03:16

ファンタジー云々言ってるけど現代ものでもしっかりした設定作るのはむずいぞ
というか簡単に思いつく設定やらは大抵無意識にどっかからパクったもんだから
ありきたりになる




381スペースNo.な-742010/12/12(日) 14:31:38

「現代もの」なら「世界観」の設定はいらないんじゃないか?
キャラ設定や舞台設定はともかくとして

ラノベでよくあるような「現代を舞台にしたライトファンタジー物」なら別だけど…



382スペースNo.な-742010/12/12(日) 14:59:09

いや、「どういう切り口で世界を切り取るか」っていう、本来的な意味での
世界観の問題は現代ものでこそ重要だよ。
視点によって、世界は全然違うんだから。




419スペースNo.な-742011/03/17(木) 05:07:01.26

何だかんだ言ってドリフターズは面白いな…
現実世界の人間が異世界の人間に技術や戦術を教え込んでいく様はワクワクする…


4785934077



422スペースNo.な-742011/03/17(木) 15:25:51.20

戦国自衛隊の面白さもそれだよね
現代人が現代の武器や知識を駆使して戦国の覇権を握る

こういった話にワクワクするのは、多分誰もが一度は思ったからだろう
もし自分が現代の知識を持って過去に行けたら…と

B004BVWVR4



424スペースNo.な-742011/03/17(木) 23:54:20.79

>>422
戦国自衛隊の面白さは、仮想戦記である以上に「歴史の自己修復」というテーマが面白さだよ。
何故主人公たちが戦国時代に送り込まれたのか最期に理解する。これがあるからこそジャンルの元祖にして金字塔と言われている。
娯楽としてはいいとして、それをあまりにも単純にやってしまうと「戦国の長嶋巨人軍」になってしまう。
こっちは伝説の怪作となったけど、5ページでバッドトリップしてしまったが。



426スペースNo.な-742011/03/21(月) 20:45:27.05

>>424
それはどんでん返しとしての面白さ
やっぱり重要なのは、現代の兵器&戦術を駆使して戦う所にある



427スペースNo.な-742011/03/27(日) 02:24:32.59

現代の兵器使って過去と戦ったところで勝負にならんよ
戦うというか駆逐でしかない
面白みなんかどこにもない



428スペースNo.な-742011/03/27(日) 03:08:12.42

それが面白いんじゃないの?
戦国自衛隊とかかわぐちかいじのとか
無敵なりに不便な事もありつつやっぱり無敵が男心をくすぐる



430スペースNo.な-742011/03/27(日) 12:43:06.40

戦国自衛隊とかは確か
持ち込んだ武器の数に限度があるからそこが足かせになってなかった?
燃料の補給もできないわけだし…

そういう圧倒的火力に制限がついてるってのは
物語を盛り上げる上では重要なお約束だよな




431スペースNo.な-742011/03/27(日) 14:45:15.96

火力に限らず、制限制はよく使われる手段だね
使い古された例だが、時限爆弾で青のワイヤーと赤のワイヤー、
どっちを切るか、残り1秒で解除、とか
これも時間を制限して盛り上げる典型的なパターン 



449スペースNo.な-742011/05/09(月) 14:14:32.08

スターウォーズやアバターみたいなゼロから異世界創るのに憧れる。
でも実在しない世界を描くのに資料をどう活かせばいいのか分からない。
資料写真まんま描いたら空想でもなんでもないし。
かといって他作品を模写したらそれはパクリだし。
何も見ないで描くと何かショボイし。
どうすればいいんだ・・・?




451スペースNo.な-742011/05/09(月) 19:44:23.21

>>449
口ぶりから察するに、写真・映像だけが資料だと思ってるからそうなるんじゃね。
そんなもんただの作画資料だぜ。
この建物は建築としてどうなんだ文化的時代的背景はいつの何なんだっていう知識と
資料写真の映像(から想像される立体や周囲の空間)を関連付けして、そこで初めて
そこから広げたり独自世界まで飛んだりする足掛かりになる。
そんなプロセス必要ないって人もいるけどそれはそういうセンスに恵まれた人だから真似しちゃ駄目w
思い付かない人間は黙って何もせず思い付くような都合のいい才能持ってないんだから
まず思い付くための土台固める(固めつつ同時に広げてもいく)努力をしないと。
人が神に近付くにはバベルでも何でも地道に積み上げるしかない。



452スペースNo.な-742011/05/09(月) 23:16:06.46

>>449
スターウォーズやアバターも、分かる人が見れば、
あ、ここからとったなとネタバレする。
SFやファンタジーや伝説など古今東西の傑作の
パクリがたくさんあるよ。
まず良い作品をたくさん読んでみて、自分の中の
引き出しを増やす事だね。




450スペースNo.な-742011/05/09(月) 14:18:14.08

とりあえず小説の世界観を絵で表現する練習をしてみたらどうだ
想像力ない人でも小説の絵模写となればオリジナリティを出さざるを得なくなる




454スペースNo.な-742011/05/10(火) 17:25:28.41

みんな、なぜ誰もが知ってる有名所からパクるんだろう
(それ以外は本の入手が困難だから分かるが)。
「あと一歩の作品」を参考にする忍耐力がない人が多過ぎ。

材料(肉)ではなく、テンプレ(骨)が参考になるよ。




456スペースNo.な-742011/05/10(火) 19:53:19.79

>>454
作品を面白くするためでなく売り物としてキャッチーにするためだけにパクってるパターンしか知らないか
知る人ぞ知るスゲェ作品からもパクりまくってるようなのを見ても知らないから気付いてないか
どっちかじゃね



455スペースNo.な-742011/05/10(火) 19:01:21.52

強烈なオリジナリティを持つ作品ってのはそうそうないから、果然、みんな同じ所からぱくってくる。



457スペースNo.な-742011/05/10(火) 21:17:16.85

>材料(肉)ではなく、テンプレ(骨)が参考になるよ。

どゆ意味?



459スペースNo.な-742011/05/13(金) 01:21:56.51

肉は作品の個性が出る部分。パクったら盗作必須。
例・「星が入ったオレンジ色のボール」「戦闘民族」「大猿」

骨はテンプレの部分。パクっても「よくある設定」で済む。
例・「願いが叶うアイテム」「強い敵」「変身」




460スペースNo.な-742011/05/13(金) 13:39:04.28

ラスボスは主人公をおびき寄せるため、ヒロインを人質にし、
本拠地に罠を仕掛けた上で、主人公を挑発する (テンプレ)



ラスボスは、ヒロインとの結婚を発表。
結婚式場に完全武装の兵士を配置した上で、
主人公に招待状を送りつける。 (肉付け)




461スペースNo.な-742011/05/13(金) 21:31:45.12

男が女に出会う(テンプレ)



偶然見つけたデータの中に、助けを求める美しい姫君の映像が入っていた(肉付け)




462スペースNo.な-742011/05/13(金) 21:40:35.83

なるほど
ある物語からプロットだけ抜き出し、舞台を別の世界に置き換えて物語を再構築しても面白いかもね



463スペースNo.な-742011/05/13(金) 22:09:17.13

ストーリーそのものも、テンプレで作っちゃえ!!!
というのが、オレの考え。
ハリウッド映画は、だいたいこんな感じ。
また、日本のアニメも、シリーズ全体はだいたいこのような構成になっている。

1 発端

主人公のもとから、何者かによって、大切なものが奪われる。
大切なもの = 恋人、家族、友人、仲間、地位、名誉、財産、伝説の剣、秘伝のレシピ、平和な日常生活など
主人公は大切なものを取り返すために、行動を開始する。



2 仲間の登場

主人公が行動を開始すると、主人公に協力する仲間が現れる。



3 ラスボスの手下との戦い

ラスボスは、主人公の行動を妨害するため、自分の手下を主人公に差し向けて戦わせる。
普通はだいたい三人くらいだけど、長編になると、ラスボスの手下がやたらと多くなる。


4 謎の解明

ラスボスの手下との戦いによって、さまざまな謎が明らかになる。
謎 = ラスボスの正体、ラスボスの本拠地、ラスボスの野望、ラスボスが主人公から大切なものを奪った理由、など。
ラスボスの弱点や盲点以外の伏線は、ここで回収する。
過去の回想シーンなども入れる。



5 ラスボスの罠

ラスボスは主人公との直接対決を決意し、主人公を本拠地におびき寄せる作戦を立てる。
ラスボスは、大切なもの、あるいは主人公の仲間を人質に取り、
本拠地に罠を仕掛けた上で、主人公を挑発し、主人公が本拠地に来るように仕向ける。



6 ラスボスとの最終決戦

主人公はラスボスの本拠地に乗り込んで、ラスボスと決戦。
戦いは最初は主人公が優勢だが、実力は互角で、なかなかラスボスを倒すことができない。
そのうち、ラスボスの仕掛けた罠が発動して、主人公は一転、不利な状況になる。
しかし、主人公はラスボスの弱点、もしくは盲点に気がつき、そこを攻撃。
形勢は一気に逆転して、ぎりぎりのところで勝利を掴む。



7 脱出

主人公は大切なものを取り戻し、仲間とともにラスボスの本拠地から脱出する。
そして、平和な日常生活に戻って、ハッピーエンド。




472スペースNo.な-742011/05/15(日) 23:20:16.02

ストーリーという骨を、世界観等の設定という筋肉で繋ぎ、そこにキャラクターなどで肉付けしていくと。



488スペースNo.な-742011/05/17(火) 11:30:28.01

面白そうな設定じゃなく、話を作りやすい設定を作る事が重要なんだよね

転生は、普通の人間が壮大な事件に巻き込まれる理由付けとしては結構ポピュラー



489スペースNo.な-742011/05/17(火) 12:47:18.99

本当に作りやすい設定は自分が体験した現実で、
そうすると、学校や会社に限定されてしまい、あふれかえってるんだよね

それを避けつつリアルっぽい世界を作るなら資料を調べまくるしかない
でも調べたウンチクを全披露すると自己満足にしかならないし
なによりも調べる自体が面倒くさい

すると結局、パラレル世界や、ちょっとSF風味や、ファンタジー等、
真面目に調べなくても勝手に設定作れちゃう系統に走りがちなんだが
それもあふれかえっているので、よほど個性的じゃないとどんぐりの背比べ




492スペースNo.な-742011/05/18(水) 00:35:04.59

>>489
世界はどんぐりの背比べになるので、
キャラやストーリーや「見て欲しいのはここ!」って要点
(説教臭いのじゃなくて、「美少女が可愛い」だの「鬱な日常」だの)
で差別化するしかないな



499スペースNo.な-742011/05/18(水) 12:38:49.21

エヴァは色んなフックがあるんだよ。
ドラマの面白さ、アクションの気持ちよさ、謎解き、緻密なメカ描写、可愛い女の子…。
だから、誰でも一度見ればどこかしらに食いつく。

そして最終回の後、色んな所で取り上げられて見る人も増えたし(それに合わせて再放送もされた)
その人達がまたはまって一大ムーブメントになった。

エヴァンゲリオン



501スペースNo.な-742011/05/18(水) 18:43:36.66

>>499
いろいろな要素を詰め込んでるのにシンプルでスマートなイメージあるしな
センスが良くて映像も当時としては相当ハイクオリティ
演出や表現もハイレベルだしストーリーも単純ながら見せ方が凝ってて
あの時代の空気みたいなものも上手く取り込んでたと思う



502スペースNo.な-742011/05/18(水) 19:22:46.94

ラーメン屋台で食べてるシーンとか、
中二病同士で喧嘩してるところとか、
子供がお洒落や部屋の飾りつけがあまり上手くないところとか、
等身大の中学生っぽくて好きだ>エヴァ



579スペースNo.な-742011/06/02(木) 20:19:09.62

物語世界を作る上で参考になった、面白かった本紹介してくれないかい?

アラン・ワイズマンの「人類が消えた世界」が崩壊後世界を考えるのにすごい役に立ったよ
思いもよらない本が参考になったりするよね


4152089180



585スペースNo.な-742011/06/08(水) 04:40:46.53

>>579
クローム襲撃

4150107173



580スペースNo.な-742011/06/02(木) 20:44:17.84

アシモフ先生

4150500215

年代が年代なんで科学はさすがに時代遅れのところもあると思うが
キャラに寄りかからないから構築方法の参考になる
ミステリ短編もいい



583スペースNo.な-742011/06/06(月) 15:28:05.37

元禄御畳奉行の日記は良い
江戸時代当時の習慣や考え方が分かる

4122050499



589スペースNo.な-742011/06/22(水) 12:45:42.19

資料というのじゃないが、異文化の違和感そのものを題材にしてる話も面白いな
ヒストリエや乙嫁語りや
決して絵>文と言うつもりはないが、全く知らない文化を人に教える場合
小説よりも漫画の方が相性が良いと思う


4063143589  4047260762



586スペースNo.な-742011/06/18(土) 10:32:07.02

アルザック
ファンタジーを描きたいなら必読


3936480680



590スペースNo.な-742011/07/09(土) 13:32:28.12

メビウスが日本のマンガ、アニメに与えた影響は絶大
特にアルザックとインカルは絶対に読んでおいた方が良い


3936480680  4796870830





  読者を夢中にさせる魅力的なストーリーとキャラクターの作り方
  マンガを描くときに役立つ!初心者にも分かりやすいネームの描き方

[ 2012/05/10 20:35 ] | CM(51) | このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 面白い漫画を描くためのリアリティのある世界観の作り方 | |

はてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

Amazon 人気ランキング

おすすめ記事


お絵かき速報!最新記事
Powered By 我RSS
関連記事(タブをクリックすると記事変更)
Loading



コメント
9409: 名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012/05/10 20:53
こういうの読むの好き
9412: 絵かきさん 投稿日:2012/05/10 22:02
>マトリックスとかコブラとかトータルリコールとか

コブラの1話はトータルリコールの原作小説のパクリだから並べちゃらめぇ
9413: 絵かきさん 投稿日:2012/05/10 23:18
ゲド戦記のル・グウィンがファンタジーを語るなかで
なぜ一部の物語では誰も馬に飼葉をやらないのかと怒ってたな
設定はどうあれ世界の中での統合性や一貫性は大事だよね
9414: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 02:21
たしかにSFは寛大だな
物理的におかしくてもそういうもので済ませてくれる
氾濫してるロボットアニメなんかが代表的
見てる側のほとんどにはたいして専門知識もないわけだしね

でも本格的なもの、ハードSFなんかを描きたいなら専門知識が必要。
ほとんど欠点がない2001年宇宙の旅も科学的な間違いがちらほらあってそこで大きく評価を下げてる
ブレードランナーなんかは単にSFチックなデザインで成功してるけど
要するに作風によるってことだ
9415: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 02:37
>>382の言ってる事に近いが大切なのはなにを描く作品かってことじゃないかな
タクシードライバーではあの社会の闇みたいなものを描きたいからああいう切り口になって
ランボーも同じベトナム帰還兵だけど違う視点だし、フルメタルジャケットでは戦争への慣れ、ロッキーでは逆差別と白人貧困層
上4作品は全部ベトナム戦争かその直後のアメリカが舞台だけど切り口はまるで違う

指輪物語なんかは世界が先ずあって、そのあとにキャラクターや物語がある
描きたいものを描くにあたって必要で邪魔にならない世界を構築してくのが大事なのでは
9416: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 03:56
最初にテーマを決めといて
それに世界観を合わせてくのが一番楽かなーと思ったり思わなかったり
9417: 投稿日:2012/05/11 07:55
自分は全く絵が描けないんだけど、絵を見るのが大好き
すごく好きな絵師さんがいて、その方の絵を見ると一枚絵にキャラがいるだけでも物語があるように見える
プロじゃない趣味で描いてる方です
何が言いたいかというと、皆さんのこと応援してます
いつも素敵な絵を描いてくれてありがとう
9418: 名無しさん 投稿日:2012/05/11 09:27
設定を膨大に作って、その設定を下敷きに漫画描いたことあるけど
全然上手くいかなくてワロタw設定の説明のために物語があるという
ふうになってしまって、退屈でたまらない。そのネームに半年浪費した
苦い経験がある…

基本、世界観・設定は物語やキャラクターを生かすために作るものだと痛感しております。
世界観それ自体がひとつのキャラクターになっているような話なら世界観ありきで
話を構築してもよかろうが
9419: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 12:52
17うざすぎわろたwwwwwww
9420: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 13:23
煮詰まったら誰かに相談する
これが一番大事なんじゃないかと最近おもう
9421: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 15:34
SFとかファンタジーは確かに寛大なんだけど
やっぱ作者が世界を設定しなきゃいけないっていう大変さがあるからなあ
初心者が「好き勝手描けて楽そうだから」ってファンタジーとかやって失敗する原因はそこらしいよ
実はこの世の中のこといろいろ知ってないと、他所の世界のこともしっかり想像できないっていう
9422: 名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2012/05/11 16:08
多くの読者が読んでいて当然疑問に思うであろう事に対して、作品内できちんと回答を用意しておく事が一番大事。
そういうのを有耶無耶にしたままだとリアリティが落ちてしまう。

たとえば「かんなぎ」の、神様も顕現するとトイレ行くんだな、とかそういうの。
9423: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 18:59
漫画に限定すると、世界観にリアリティをこだわりすぎるのもどうかと思うな。
描ける人は描けるだろうけど、漫画の時間の流れは速くないから
不必要な文字情報はあまり入れるべきじゃないと思う。
超長編なら別だけど、超長編にしても世界観は小出しにしてるように思うし。

背景やデザインに世界観を入れるのは、漫画にしかできないことだから、どんどんやって欲しいと思う。
漫画描けないから、よくわからないけど。

というか、だんだん「フィクションにおけるリアリティ」になってるよね、この議論。
9424: 絵かきさん 投稿日:2012/05/11 19:19
FF10の和風っぽい世界観が好きだったな。
挨拶の仕方とか、民族衣装、スポーツとか、綺麗な風景、魅力的なキャラ、最後のどんでん返しとか。

あと最終兵器彼女とか、全然戦争とか兵器になった理由とか説明されてないけど成立してるとこ。
きっと登場人物にそういう知識がないために、理由とか説明が不自然に出てこなかったんだろうなって思う。
9425: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 08:37
世界観…とはちょっと違うかもしれないけど、
多少設定に無理があっても「衣・食・住・娯楽」の設定が
しっかりしていれば、それなりにリアリティが出てくると思う。

あと、漫画を描いてそれが「結果的に」面白い作品になっても、
狙って「面白い漫画」を描くなんて不可能だと思った方がいい。

それが出来るならプロがハズレを描くことも無いし、編集者も必要ない。
9426: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 08:42
ファンタジーやSFは寓話の世界ですから
現実にあった出来事を言葉換えして書いてきゃ良いだけ

・フィルタOFF
老人が若者を搾取する現代、老人は自分達の老後の安定の為に若者達を追い込み
日本の社会保障費による財政支出を増大し続けていた
それを止める為に若者達は声を上げて反発した

・フィルタON
悪霊が人間を搾取する昔、悪霊は自分達の悪霊の力の維持する為に人々から生気を奪い
二フォン王国を影から操り絶望のカタストロフを増大し続けていた
それを知った戦士達は剣を取って立ち上がった

と言う具合にファンタジーやSFの「フィルタ」を通すだけで
ストーリーなんぞなんぼでも出来る

あと、禁止ワード設定ウゼェ
9427: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 09:23
すごいのはやっぱ攻殻機動隊とか鋼の錬金術師かなぁ
ナルトも連載前に考えてた部分まではかなりいいと思う

逆にダメなのはワンピースだなぁ
9429: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 10:17
>実際の地図を逆さまにしたりして利用すると地形的に矛盾が出ない

これはオージーの陰謀に違いない
9430: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 16:56
世界観は誤用と分かってても他にいい言葉で言い換えできないからついつい使ってしまう
氷と炎の歌シリーズの世界が好きだ
やっぱり多人数からの視点ってのは、その世界の雰囲気をより感じやすくなるね
9431: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 20:37
早い話、ラノベや漫画しか読んでないようなやつじゃ
世界観なんて作り出せないって事だろ
きっちりした物作ろうとすれば、知識がかなり必要
ちょっとした事で底の浅さが露呈するからな
9432: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 21:25
オカルト板行ってくると
同じ世界とは思えないほど
本当に面白いor怖いorウヴォァァァな世界があるぞ

おすすめ
9433: 絵かきさん 投稿日:2012/05/12 22:38
>>58
俺は逆だな。
架空世界なんだから、どこかしら異なったところがある方が面白いと思う。

ハンターは地球と比べて科学技術が発達してるわりに人命の価値が軽いのは、個人個人の能力差が大きすぎるからなんだろうか、とか妄想するのが面白い。
9436: 絵かきさん 投稿日:2012/05/13 01:13
崩壊後の世界に魅力を感じるのは戦後、ゼロから
日本が驚異的に復興した力強さからくる魅力なんじゃないかな
世界観に煮詰まったら歴史関連の本をたくさん読んでみるといい。
言葉でのイメージが掴めないと絵も描けないしな
9437: 絵かきさん 投稿日:2012/05/13 02:14
世界観やリアリティにこだわり過ぎるとキャラが動かし辛かったり、
自分が思うようにストーリーが進まなかったりして、泥沼に嵌っちゃうんだよな。
ストーリー進行の都合で出来てしまった設定の矛盾を処理する能力ってのも必要だと思う。
読者を納得させる嘘や勢いってのも大切だと思うよ。

俺は現実の中に非現実を突っ込むことで現実がどう変わるのか・・・って作品が好きだな。
9438:   投稿日:2012/05/13 03:17
失われた世界も近代兵器の制限で緊張感あったな
9439: 名無しさん 投稿日:2012/05/13 04:34
シチリア島とかジャマイカとかブータンとか
ありえないところを舞台にしてる漫画ってないかな。

9440: 名無し@ネタなし 投稿日:2012/05/13 13:37
ジャンルにもよるけど、ストーリー以外の人々の暮らしをどれだけ意識しているかかな。
衣食住、仕事、政治、犯罪、宗教、動物との接し方とか
それをちゃんと意識しながら、作品中でこれみよがしに説明したりせずに、
背景的に描いてくれるとおもしろいと思う。
9441: 絵かきさん 投稿日:2012/05/13 16:48
メカデザインは採用する人次第になるんだよな結局・・・
装甲厚や駆動関係きっちり考えて描いたのと、ビジュアルのみで描いたもの
ビジュアルのみの方がウケがいい。メカデザインに真実味って要らないのかなぁって思ったりすることもある。

世界観の地形は地殻変動や気候、水の流れを意識して描くとグッと真実味が上がると思う
モンスターみたいなの描くにしても生態から考えて描くのは楽しい
9444: 絵かきさん 投稿日:2012/05/13 21:53
アバターはナヴィ族の言語や惑星の地理や生態系なんかも細かく各専門家達と協力して作り上げたんだよな
洋画の世界観は、SF・ファンタジー・ミリタリーどれも漫画や日本のゲームなんかと比べて遥かに金と時間を使って調査研究した上で作られてる
メイキング見てると、言語(例えば英語でも地方によるなまりの違い等)、宗教、テクノロジー、衣装、組織、戦闘における戦い方、軍事・政治等あらゆる面で研究されつくしてていつも驚かされるわ
9445: 絵かきさん 投稿日:2012/05/14 00:25
SFじゃないしリアリティもないけど
隠喩・モチーフ盛りまくりの「ウテナ」の世界の魅せ方は面白いよね
9446: 絵かきさん 投稿日:2012/05/14 05:35
ハガレンは世界観駄目だろ。
ていうかハガレンに限らず、バトルモノの大半に言えることだけど、
個人レベルで街一つ破壊できるほどの力を得る事ができる&行使できるという世界観で、社会秩序が保たれるなんてありえないから。

そういう作品では大抵の場合、より力を持った警察のような組織(ハガレンで言うところの国家錬金術師)が抑止力となっているから社会秩序が保たれてる、なんて設定でフォローしてるが、じゃあそいつらに対する抑止力は何だよ、という話になった時、そこまで考えてる作品はバトルモノでは皆無に等しい。
つまり、そういう警察のような集団が暴走すれば止める事はできないという事になり、すなわち、そんな世界で社会秩序が保たれる事なんてありえない。
あるいは、そういう警察組織の善意(笑)のみで辛うじて社会秩序が保たれているという、子供の妄想のような世界観と言わざるをえない。

これが現実だと、街一つ破壊できるような力は個人に扱えるシロモノではない。
軍や国家という、集団レベルで初めて手にでき、行使できる力となる。
その集団も、国民からの支持という後ろ盾があるから存在し得るのであって、暴走すれば後ろ盾を無くしてしまい、たちまちのうちに瓦解し、ただの個人の寄せ集めになってしまい、個人を越える力を行使できなくなってしまう、という具合に、実に上手い事できている。
まぁそもそも現実は創作に比べて個人の力が非常に弱いからこそだが。

バトルモノは個人の力を強く設定せざるを得ない都合がある以上、世界観の破綻は必然と言ってもいい。
世界観の話でよく例えられるのが、世界観とは風船のようなものという話だ。
その上にのる人間が小さければ小さいほど世界は丸く安定し、大きくなると、世界観は歪み、やがては破裂し、破綻する。
9451: 絵かきさん 投稿日:2012/05/14 18:40
実は、世界観っていうのは誤用で
世界像って言った方が正しい
どーでもいいけど
9455: 絵かきさん 投稿日:2012/05/14 21:49
※9446
>>国民からの支持と言う後ろ盾があるから存在しうるのであって~
このくだりは、間違い。
もちろん、そういう国家権力も存在するけど、例えばモンゴル帝国とか、国民の支持は無かったと思われる。
「国民」をどう定義するか、という点には、議論の余地が残るけどさ(支配層と被支配層をどう分けるか、という問題)。

もうひとつ。
「より力を持った警察のような組織」と、現実に「武器や兵器を持った軍や国家」の間に、どれほどの差があるのか、わからない。
せめて、「警官のように治安維持に務める個人」でないと、対比にはならないんじゃない?
今の現実が、『軍事力を持つ組織の善意(笑)のみで辛うじて社会秩序が保たれている』状態なんだし、だからこそ、「軍事力を持つ組織の善意(笑)などあてにすべきでなく、抑止力として自衛隊を強化すべき」という議論が起きてる事態だからなぁ。
9468: 絵かきさん 投稿日:2012/05/15 11:59
強大な力の持ち主達が横行しているために、社会秩序が破壊された、或いはされつつある、
という世界観は割りとあるような。
逆に社会秩序がそこそこ保たれてる世界観だと、強大な力の持ち主はごく限られた存在だったり、
力の行使にかなりの制限がある事も多い。
9480: 絵かきさん 投稿日:2012/05/16 04:05
>>462
>ある物語からプロットだけ抜き出し、舞台を別の世界に置き換えて物語を再構築しても面白いかもね

それをやったのがスターウォーズだよ。

ttp://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0704.html

ジョセフ・キャンベルの神話学『千の顔を持つ英雄』を下敷きにしたの。有名な話。
9487: 絵かきさん 投稿日:2012/05/16 11:53
※9446
『軍事力を持つ組織の善意(笑)』=『アメリカ合衆国』
組織はその強大な力を持って弱小勢力同士の紛争に介入して止めさせようと努力するが
その行為自体がかえって反感を呼ぶ、何しろ組織は無敵なのだから
停戦させようと武力を行使する姿が逆に恐怖心を煽る

ファンタジーの諷喩を用いるなら
平和を愛するドラゴンは人間達の争いを止めさせる為に山を降り
戦場で暴れて双方を解散させました、人間達はドラゴンの強大な力に恐れおののき
より強大な軍隊を作り始めました、と言った所だな
9500: 9455 投稿日:2012/05/16 23:50
※9487
その風諭面白い!
そうやって訓練された軍人と平和を愛するドラゴンの心理的葛藤とか面白そう!
ファンタジーの面白さって、こういう暗喩にもあるよね。
歴史や社会問題なんかも知ってると、創作の幅が広がるのは事実だね。
良い実例見せてもらったよ、ありがとう
9543: 名無しさん 投稿日:2012/05/19 20:42
でかい巨人の上の世界ってジャイナ教だなw
9544: 名無しさん 投稿日:2012/05/19 20:44
超未来世界なのに結局は現代と大差ない町を作って暮らしてるってのは
SFの意味が無い
9545: 名無しさん 投稿日:2012/05/19 22:02
設定ばっかり作って何も描かずに終わる人の多いこと
9546: 創造力有る名無しさん 投稿日:2012/05/19 22:05
※9446
君もずいぶん独特な世界観を持ってるね
9548: 絵かきさん 投稿日:2012/05/19 22:09
作中に人類がいるなら絶対に宗教もあるハズ。
じゃなきゃただ人間に似た動物だよ。
9550: 絵描きさん 投稿日:2012/05/19 22:23
宗教の歴史・それぞれの宗教や宗派の唱える概念
・宗教文化関係の資料も読んでおくといいかも。

特に中世ファンタジー物の社会背景を考える時に
非常に役に立った。お薦めだな。
9573: 絵かきさん 投稿日:2012/05/21 09:39
自分が実際にある世界だと信じて書けるかが鍵だろう。
どうせ、虚構だと考えているといい加減で魅力が無い世界しか作れない。
魅力のある世界というのは、もしかしたらあるかもしれないと人に思わせられるものがある。

※9480
ウエストサイドストーリーとかも有名だよね。
9597: 絵かきさん 投稿日:2012/05/24 18:59
※9487
八日も遅れて書くのはどうかと思うが、一応。

対抗策を練ろうとするだろうとは思う。
が、それが本当に出来るかどうかは国力や技術力に掛かると思う。
アメリカに対抗するためにいろんな小国が核開発を頑張ってるようなもんだろ。
ドラゴンがアメリカみたいに、自分の理想を押し付けて支配しようとしないなら、背伸びしてまで無茶な軍事力を拡張しようとするかな?
9606: 絵かきさん 投稿日:2012/05/25 14:06
SFは寛大っていうけど、
SFファンからしてみれば作者のイマジネーションやロジックが貧弱だったらすぐにボロが出る。
ターミネーターシリーズは予算削減であえて現代劇にした発想の逆転の映画だけど、
未来を舞台にした4では世界観がステレオタイプ過ぎて一気に萎えた。
9662: 絵かきさん 投稿日:2012/06/03 21:33
どんな世界を作るかよりもどのような段取りで世界を語っていくかの方が重要じゃね?これは世界観だけじゃなくてキャラクターやエピソードやテーマについても言えることだけどね。
9663: 絵かきさん 投稿日:2012/06/04 18:25
漫画にしろ、小説にしろ、何を書きたいかが重要なんじゃないの?
書きたいものがあるけど、何を書きたいか分からないから書くというのもありだと思うけど。
ただ、物語を作りたいという動機と良い世界観を作りたいという動機は別だから、それだけだと自家撞着に陥るとおもう。
9767: 絵かきさん 投稿日:2012/06/21 18:05
>>9500
まんまそれを書いたドラゴンズ・ウィルというラノベがあってだな……
9809: 絵かきさん 投稿日:2012/06/30 13:53
攻殻機動隊みたけど難しすぎて何がなんだかさっぱりだった・・・
現象ってなんだよ・・・
10958:   投稿日:2013/02/08 22:55
面白いとか面白くないとかそんな事はどうでもいい。
荒唐無稽で表面だけ整えた話なんて退屈で見てらんないよ。

物語を通して何を突き詰めたいのか、余分なものをいかに省くか。これが全て。




コメントの投稿
 ※コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
  httpは禁止ワードに設定しています。








ホームへ戻る
イラストソフト painterの公式サイトへ
Pixivのトップへ
漫画制作ソフト コミスタの公式サイトへ
イラストソフト FireAlpacaの公式サイトへ
写真整理ソフト Picasaの公式サイトへ
ペイントソフト GIMPの紹介サイトへ
イラストソフト イラスタの公式サイトへ
ペイントツール SAIの公式サイトへ
3Dポーズソフト Poserの公式サイトへ
画像編集ソフト Photoshopの公式サイトへ
高性能ペンタブレット Intuos5の公式サイトへ
イラスト制作ソフト CLIP STUDIO PAINT PROの公式サイトへ
グラフィックソフト Illustratorの公式サイトへ
お絵かき速報のtwitterを見る