ホームへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Powered By 画RSS

ワコムのペンタブを使う絵描きさんに 作業効率を上げる「マッピング」のすすめ2 はてなブックマーク - ワコムのペンタブを使う絵描きさんに 作業効率を上げる「マッピング」のすすめ2



Wacom プロフェッショナルペンタブレット Mサイズ Intuos5 PTK-650/K0


皆さんの中に、ペンタブのカーソルが早く動きすぎて線が引きにくい、という方はいませんか?

大きなモニタに買い替えた方や、Sサイズのタブレットを使っている方がこの現象に陥りやすいのですが、これは、ペンタブに対してモニタのサイズが大きすぎることが原因です。


対策としては、ペンタブをワンサイズ大きいタイプに替える、という手段がありますが、
大きいペンタブは値段が高く、
場所も取るので、あまり気軽に買い換えられるものではないでしょう。

そこで今回は、タブレットのプロパティのマッピング項目をいじることで
カーソルの動きを緩め、描画精度を上げる方法をご紹介します。



前記事:ワコムのペンタブを使う絵描きさんに 作業効率を上げる「マッピング」のすすめ



【現在の設定を保存する】

前回同様、現在のタブレットの設定を保存しておきましょう。
ワコム タブレット設定ファイルユーティリティ」を開いて、バックアップしてください。
スタート→すべてのプログラム→ワコム タブレットの中に入っているはずです。

wacomタブレット設定ファイルユーティリティ


バックアップを取ることで、タブレットのプロパティの設定を丸ごと保存できます。
設定を保存しておけば、「復元」から簡単に元の状態に戻すことが可能です。






【カーソルの動ける範囲を縮小する】

今回紹介するのは、モニタの「表示エリアを縮小する方法です。
ペンタブのカーソルがモニタ上を動ける範囲を狭くすることで、カーソルの動きが緩やかになります。

こちらの画像を見ていただけると分かりやすいです。
ペンのカーソルを、画面いっぱい動かせなくなることはデメリットですが、
絵が描きやすくなるメリットのほうが大きいと思います。


wacom表示エリア縮小07


1. 「画面の一部分」を開いて座標の数値を確認する。

ワコム タブレットのプロパティの「マッピング」項目を見て下さい。
まず、「縦横比を保持」にチェックを入れ、「タブレット操作エリア」を「最大」にします。

次に「表示エリア」を「最大」から「一部領域…」に変更して下さい。
すると、「画面の一部分」という項目が出てきます。(右図)




その中にある座標の数値を確認して下さい。
この数値は、現在のモニタの画面解像度で変化するので、上の画像と同じ数値になっている必要はありません。

現在の画面の解像度が

 1920×1200なら、
トップ:0 左:0 下:1199 右:1919
 1920×1080なら、トップ:0 左:0 下:1079 右:1919
 1680×1050なら、トップ:0 左:0 下:1049 右:1679
 1600×900なら、  トップ:0 左:0 下:899 右:1599

になっているはずです。
※デュアルモニタにしている方は、数値がこれとは異なる場合があります。



2. カーソルの動ける範囲を狭める

「右」と「下」の数値を下げて、カーソルの動ける範囲を狭めます。

今回は、使っているペンタブの比率に合わせて数値を下げます。
Intuos5、Intuos4、Bambooの比率は16:10
Intuos3、Intuos2、Intuos1の比率は、1.34:1です。

とりあえず適当に「右」の数値を200~500程度下げてみましょう。

そしてこちらの比率計算機を使って「下」の値を求め
座標数値の「右」と「下」
の値を書き換えOKを押します。




この上画像では、トップ:0 左:0 下:1199 右:1919 の「右」を1400まで下げています。すると、「下」は875になります。
小数点が出る場合は、割り切れる数値に調整し直すか、四捨五入でもいいと思います。



前回タブレット操作エリアを狭める解説をしたときは、使っているモニタの比率に合わせて数値を下げたので、一緒にしないようご注意下さい。


座標変更後OKを押すと、↓のように赤枠が縮みます。
この赤枠の範囲が、ペンタブの動ける範囲です。


比率計算


3.実際に使ってみる

お絵かきソフトを起動して、実際に描いてみましょう。
カーソルの動きが緩やかになり、操作感がかなり違うと思います。
擬似的にワンサイズ大きいタブレットを使っている感覚でしょうか。


カーソルの動きが遅くなりすぎたという方は「右」の数値を上げ、
タブレットの比率に合わせて「下」の数値も上げて下さい。


まだカーソルが早いという方は、「右」の数値を徐々に下げて調整して下さい。
「右」の数値を下げたら、タブレットの比率に合わせて「下」の数値も下げます。




下図のように、ペンカーソルの動ける範囲に合わせて、お絵かきソフトも縮小すると良いと思います。
カーソルの動ける範囲を端に寄せると、余った部分を資料表示エリアとして活用できます。

ワコムカーソルの動ける範囲


ペンカーソルが動ける範囲を、中央寄せや右寄せにもできます。
赤枠の中央をドラッグして好きなところに移動させて下さい。

「トップ」と「左」の数値を変更することでも位置調整ができます。
その際は、「下」「右」の数値も変更する必要があります。下図を参考にしてください。






【まとめ】

前記事では、カーソルの動きを早めて作業効率を上げる方法をご紹介しました。
それに対し、今回のカーソルの動きを緩めて描画精度を高める方法は、その真逆の設定と言えます。

ペンカーソルの速度が遅い、もしくは丁度いいと感じている方は、前記事設定法を、
カーソルの速度が普段から早いと感じている方は、今回の設定法がおすすめです。

今では解像度1920×1080、23型以上の大きなモニタが主流になってきていますし、
27型のモニタが安くなり、
解像度が2560×1440のタイプも出ています
そんな中で、今回ご紹介したマッピング設定は、覚えておいて損はないでしょう。



今回の方法を試しても、やっぱりカーソル速度が早い、描ける範囲が狭まるのが嫌だ、という方は、ワンサイズ大きいペンタブを検討してみてはいかがでしょうか。





【おまけ】

前回に引き続き、ワコムタブレットの小ネタと、それに関連した記事をご紹介します。


Lサイズのペンタブシートにある白の枠線

大体Inutuos5、Intuos4のSサイズの認識範囲になっています。

マッピングする時のご参考に。





ファンクションキーについて

「鉛筆」「消しゴム」「戻る」などのショートカットを登録すると便利なファンクションキーですが、
登録できる数は多くなく、縦に並んでいるため、押しにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。





そこで、ファンクションキーを無効にし、代わりに大量のショートカットを登録できる
ゲームパッド(左手デバイス)を使うのも一つの手です。
G-13なら片手で29個、PSコントローラなら10数個のショートカットを操作できます。


  Joytokeyゲームパッドキー設定

【紹介記事】
絵を描くときの作業効率が大幅に上がる! 左手デバイスG13
PS用ゲームパッドで作業スピードアップ!



ファンクションキーを保護する

ペンタブのファンクションキーの隙間にはゴミやほこりが入りやすく、
うっかり飲み物でもこぼしてしまうと壊れかねません。

それを防ぐために、テープなどで保護するのも一つの手です。
その際には、耐水性があり綺麗にはがせるテープを使うのがおすすめです。





ペンタブシートの交換

皆さんのペンタブのシートは傷ついてませんか?
シートを使っていると、次第に表面がつるつるになっていきます。

それだけなら、書き味が変わるくらいでさほど問題ないのですが、
使い続けていると、シートに傷が付き、ペンが引っかかるようになります。

そうなったら作業効率が落ちてしまうので、その際はシートの交換がおすすめです。
シートを変えると、ペンタブを購入した当時の新品の書き味に戻ります。

Wacom_ペンタブレットオプション_交換シート_003

【紹介記事】

ペンタブシート交換のすすめ



ペンタブシートを他の物で代用

ペンタブシートは、コピー用紙やケント紙、液晶フィルム、製図マットなどを敷くことで代用することができます。
書き味もガラっと変わるので、持っている方はお試しになってはいかがでしょうか。
結構厚みがあるものでも、ペンはきちんと反応してくれます。

アイシー マンガ原稿用紙 B4厚135KG IM-35B




Wacom Intuos Lサイズ touch PTH-850/K0
Wacom プロフェッショナルペンタブレット ワイヤレスキット付属 Lサイズ Intuos5 touch PTH-850/K0作業領域が広いIntuosのLサイズ
                          

Wacom Intuos Mサイズ PTK-650/K0
Wacom プロフェッショナルペンタブレット Mサイズ Intuos5 PTK-650/K0標準的な作業領域IntuosMサイズ
BambooのMより領域が若干広い
                          




  Photoshopのブラシ設定などを解説した、ToLOVEる塗り職人のブログが凄い!
  線の強弱がつけやすく、入り抜きが綺麗にできるペンタブ芯「ストローク芯」が凄い!


[ 2012/11/12 20:03 ] | CM(7) | このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ワコムのペンタブを使う絵描きさんに 作業効率を上げる「マッピング」のすすめ2 | |

はてなブックマークに追加 Twitterでつぶやく

Amazon 人気ランキング

おすすめ記事


お絵かき速報!最新記事
Powered By 我RSS
関連記事(タブをクリックすると記事変更)
Loading



コメント
10778: 絵かきさん 投稿日:2012/11/12 20:58
俺、トレーシングペーパー貼ってる
10779: 絵かきさん 投稿日:2012/11/12 20:59
続き待ってました!
こっちのパターンなので早速試してみます~
10780: 絵かきさん 投稿日:2012/11/12 21:38
ここ見て初めてマッピングの設定を開いたけど奥が深いなあ。
今までそのままで使ってたのが悔やまれる…。

10781: 絵かきさん 投稿日:2012/11/13 00:43
試してみたらとても良い具合になりました!
本当に描画精度が上がったって感じ
手ぶれ補正がいらないほど安定した線がいきなり引けるようになってびびった
為になった記事でした ほんと感謝です 
10788: 絵かきさん 投稿日:2012/11/14 15:17
タブレットユーティリティーが見つからない。
めっちゃ初期のバンブーだから?
10791: 絵かきさん 投稿日:2012/11/15 22:22
 左利きだからファンクションキー封印してたんだ。
そうか、ゲームパッドがあったか。
10832: 絵かきさん 投稿日:2012/11/22 21:08
ペン先をはさむようにメンディングテープを張ると芯が減らないし書き味も悪くない




コメントの投稿
 ※コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
  httpは禁止ワードに設定しています。








ホームへ戻る
イラストソフト painterの公式サイトへ
Pixivのトップへ
漫画制作ソフト コミスタの公式サイトへ
イラストソフト FireAlpacaの公式サイトへ
写真整理ソフト Picasaの公式サイトへ
ペイントソフト GIMPの紹介サイトへ
イラストソフト イラスタの公式サイトへ
ペイントツール SAIの公式サイトへ
3Dポーズソフト Poserの公式サイトへ
画像編集ソフト Photoshopの公式サイトへ
高性能ペンタブレット Intuos5の公式サイトへ
イラスト制作ソフト CLIP STUDIO PAINT PROの公式サイトへ
グラフィックソフト Illustratorの公式サイトへ
お絵かき速報のtwitterを見る